ガスストーブと灯油ストーブの違い

ガスストーブは、灯油ストーブやエアコンなどと並び暖をとるには最適の暖房機器です。大昔はガスコードを部屋の中にはわせるため、小さなお子さんがおられる家庭などで敬遠されていたこともありましたが、現在はコードが抜けるとガスの供給が止まるコンセントやガス漏れ自体を止める装置などもあり、例えガスストーブが転倒しても安全に消火するシステムも備わっているため、安全に利用することができます。そのうえ、陽だまりのような暖かい風をすぐに出すことができ、定期的に換気をすれば、一酸化炭素中毒になることもなく屋内の空気もほぼ汚さない特徴があります。また、同じように燃料を燃やして暖をとる灯油ストーブと比較しても燃料の供給方法からくる違い、燃焼の仕組み、メンテナンス方法など様々な違いがあります。

燃料とその供給方法からくる違いについて

都市ガスを利用したガスストーブの場合はもちろんのこと、プロパンガスを利用した場合でも業者の方が交換してくれます。そのため、灯油ストーブのように重い灯油を運ぶ必要がなく、高齢の方でも手軽に利用することができます。特に都市ガスを利用している家庭では、ガス会社が定期的にガス機器の点検を無償でしてくれることも珍しくなく、一般的な灯油ストーブのように買ったらそのままということはありません。また、FF式以外の灯油ストーブでは、ススや独特の匂いが点火や消火時に強く発生します。仮にFF式に変更する場合でも屋外との換気口を設置する必要があるため、大層になります。しかし、ガスストーブは通常の燃焼においてススや独特の嫌な匂いが発生することはほぼなく、クリーンに暖をとることができます。

燃焼方法とメンテナンスの違いについて

灯油ファンストーブの場合、燃焼させるまでに炉を暖めたり、灯油を気化させる必要があります。その方法には様々な仕組みがありますが、電気を消費し点火するまでに時間がかかるものが大半です。昔ながらの灯油ストーブであったとしても芯の交換などメンテナンスが必要になります。そのうえ、灯油は1年越すと劣化が進むため、シーズン終わりには使い切り、ストーブ内部の灯油を完全に抜き取る作業が必要になります。しかし、ガスストーブの場合は、元々ガスは気化していますし、内部で劣化することもありません。さらに低温でも点火することができます。そのため、内部構造も簡単に設計されており、灯油ストーブのようなメンテナンスは基本的に必要がありません。ファン式のものであれば、吸い込み口の掃除程度ですみます。使いやすさを比較するとガスストーブの方が断然有利ではないでしょうか。

ほっと、人、あんしん。あなたのお宅に安心安全にガスを提供します。  ガスを使っておいしい料理を楽しくレッスン、東京ガス料理教室!受講費以外の入会費年会費などは不要!お申し込みはこちら 我が家に合ったお得な料金メニュー知りたい!そんなお客様に、最適なガス料金メニューで簡単に検索頂けます! ガス料金やお支払い方法、お客様のライフスタイルをサポートします!お得な料金メニューも! 最新のガスストーブはこちら