ガスストーブと灯油ストーブのコスト

ガスストーブと石油ストーブでイニシャルコストが安いのは石油ストーブです。石油ストーブはその仕組みが単純であり灯油さえあればどこでも暖を取ることができ、持ち運びが出来るなどのメリットから需要が高いためです。このためイニシャルコストでは1万円程度で石油ストーブを手に入れることが可能です。ガスストーブはガス管に接続しなければならないなど、需要が少なくイニシャルコストも高くて安いものでも1万円台後半はします。一方でランニングコストを見ると、ガスは比較的値段が安定しているため、灯油を用いる石油ストーブよりもランニングコストが低いメリットがあります。またガスストーブはガス管にさえ繋げば石油ストーブと異なり給油の手間なく暖房を行うことができます。

ガスストーブと石油ストーブについて

ガスストーブも石油ストーブも燃料を燃やすことで熱を発生させ空気を暖めるための暖房器具です。どちらもメリットとしては燃料を燃やすために高い発熱量を得られるということで、特に寒さの厳しい地域では冬を乗り越える上で欠かせない暖房器具といえます。電気ストーブやエアコンの場合には電気から得られる発熱量が小さいため、寒さの厳しい地域では大量の電気を消費することになりますが、燃料を燃やすガスストーブや石油ストーブは寒さが厳しい場合には熱効率が良くなるため、燃料費の節約にも繋げることができます。一方でデメリットとしては、ある程度の大きさが必要であり火を使うという性質上設置できる場所が限られるという点があります。また石油ストーブの場合には定期的に燃料を補充しなければなりません。

ガスストーブと石油ストーブのコストは?

ガスストーブは通常の燃焼させるタイプのストーブで1万円後半から3万円程度で、ファンヒータータイプは2万円程度で手に入れることができます。一方で石油ストーブは通常の燃焼させるタイプのストーブでは、1万円以下で売られています。石油ファンヒータータイプも1万円から2万円程度で売られているなど導入コストから見れば、石油ストーブの方が低い傾向にあります。一方でランニングコストはその暖房能力によって変わってきますが一般的な木造6畳で1日8時間使用した場合には1ヶ月あたりガスでは約3210円で、石油では使い方によっては6000円を超えてきます。また石油ストーブは給油の手間がありますから、都市ガスが利用できる厳冬地域ではガスストーブがもっとも効率よく部屋を暖めることができます。