ガスストーブと電気ストーブの違い

寒い季節になると室内にいても暖かさが感じられなくなります。きちんと窓を閉めても外の冷たい空気が内部に伝わってきますので、暖房なしでは暮らしていくのが困難です。暖房としてよく使われるのが、コタツやエアコンですが、室内全体を暖めたり、ピンポイントに暖かさを感じたいなら、ストーブを利用してみましょう。コタツやエアコンにはない、空気の暖かさを感じられるのがメリットで、他の暖房器具と組み合わせれば、寒い季節でも快適に室内で過ごすことができます。ストーブの種類として、主にガスストーブと電気ストーブが存在しますが、両者には違いが見られます。違いを見比べて、自分の生活にマッチしたストーブを選んでみましょう。そうすることで、余計な費用を使う心配がなくなります。

広範囲に暖められるストーブならガスを選ぶ

ガスストーブはファンヒータータイプのもので、キッチンで火を使ったり、お風呂を沸かしたりするのに昔から使われる、ガスをエネルギーにして動作する機器です。電気ストーブとの違いは使われるエネルギーもそうですが、非常に熱効率が良いという魅力を持っているのが特徴的です。瞬間的に暖める働きがよく、素早くその場に暖かさを与えてくれます。部屋全体に行き渡りますので、広い部屋にも力を発揮してくれます。10畳以上の広さになれば、場合によってコストがかかりにくいとされるエアコンよりも安く利用できることがあります。コストが安くなるとはいえ、ガスストーブには都市ガス用とプロパンガス用の2種類があり、自宅で使用しているガスの種類によって使用できる機器が限られてしまいます。都市ガスは安価ですが、プロパンガスだと割高になる点に注意しましょう。

エネルギーコストは高いが本体が安い電気ストーブ

電気ストーブは遠赤外線を使用したヒーターのことです。暖めるスピードが速いのがメリットですが、範囲がストーブの周辺に限られてしまうのが、ガスストーブとの違いです。ファンヒーターのように暖かい風を送り込むような機能が付いていないのが原因です。少しでも電気ストーブの周辺を離れてしまえば、寒さを感じられやすくなります。キッチンや脱衣所、机の近くなど、ストーブのすぐ側で作業したりしばらく居続ける際に適したストーブだといえるでしょう。エネルギーコストで比較すると、都市ガスを使った場合のガスストーブに比べると高くつきます。但し、本体価格が安く、コンセントに繋ぐだけですぐに使用できるのがメリットです。ガスストーブは素人でも設置できますが、安全性を考えると専門業者に頼んで設置してもらったほうが安心です。