ガスストーブのメリットとデメリット

寒い季節になると暖房機器が必需品です。地域や部屋の規模によって様々な暖房機器が使われています。電気ストーブやエアコン、石油ストーブ、ガスストーブが一般的ですが、北国では大型の石油ストーブが多く、エアコンは寒冷地用のエアコンでないと厳しいでしょう。エアコンだけでは部屋全体を暖めるのが難しく、ストーブと併用している場合が多いです。また、電気ストーブは部分的に温まりますが、部屋全体を暖めることは難しいですが、比較的温暖な地域ではよく使われています。ガスストーブは石油ストーブとでは大きな違いはありませんが、石油ストーブと比較すると給油の手間がなく、消火した際の臭いも気になりません。しかし、ガス代がどれくらいかかるのかなど気になるところだと思います。ガスストーブのメリットとデメリットをまとめました。

ガスストーブを使用するメリット

ガスストーブは点火が早く、スイッチを入れるとすぐに温風が出てきます。石油ストーブの場合は石油を気化して点火するのでその分暖まりが遅くなります。また、消火した場合、石油ストーブの場合は灯油の臭いがすることがあります。消臭機能が付いているものもありますが、やはり苦手な人は気になります。その点ガスストーブは臭いがありません。エアコンで暖房する場合は、お部屋の上の空気が暖まり、下の空気が暖まりにくいという点があります。空気の特性として冷たい空気は下にたまるので足もとまで暖めるのは難しいでしょう。ガスストーブは、すばやくお部屋全体を暖めることができますので、足元まで暖まりやすいでしょう。また、ガスの配管をつなぐことで使えるものですので、給油の手間がなく楽な点もメリットです。

ガスストーブのデメリットとコスト

ガスストーブは当然ですが、ガス会社との契約がないと使うことができません。もともとオール電化などでガス契約がない場合は、工事が必要になるのとストーブを使うことでガス代が発生します。エアコンを使用しなくても結果的に費用が高くなる可能性があります。また、配管をつなぐことになりますので、ポータブルストーブとしては使うことが出来ません。たくさん部屋がある場合など持ち運びができない不便があります。ガス代はガス会社によって大きく異なります。契約しているガス会社によっては灯油のほうが安くなる場合もありますので、注意が必要です。しかし、比較的広さのある空間を暖める場合には、電気式の暖房機器を使うよりはるかに安くなります。お住まいの環境に一番適した暖房器具を使うことで節約につながります。